歯医者のインプラントで生活の質を高める|美味しい食事導くデンタル

歯医者

インビザラインで矯正

医療器具

歯列矯正を行なう場合は、専用の器具を装着しておくことが必要になります。最近では透明の矯正器具であるインビザラインが人気を集めています。交換もし易いので清潔な状態をキープ出来ます。

詳細を確認する

しっかり固定する

歯医者

従来の治療方法の限界

歯を失った場合、噛める方法をなるべく早く講じることが大事で、治療はブリッジ、入れ歯が主でした。ブリッジは保険が適用されるのですが適用範囲内であれば銀歯となるため、敬遠する人もいますが、最も適用されてきた方法です。固定するために両サイドの健康な歯を削るので、その歯のエナメル質はなくなりますし、噛むときに両サイドの歯にかなりの負担がかかるという側面も持ちます。入れ歯は保険適用と適用外とありますが、適用のものであれば、安くつくれますが、噛むという行為では機能的に劣り汚れがたまりやすく、歯槽骨が吸収されるたびに作り直さないといけないという側面をもっています。そのため満足いく改善ができておらず、インプラントが登場しました。

限界を打ち破ったインプラントという選択肢

歯根は歯の土台ですから、それを再生できることにより、歯を固定化させ、より強く噛むことが可能になりました。また、ブリッジのように歯を削る必要もないですし、歯の数が本来の数になり、咬合圧が自然になるので、不快感や異物感がなく、自然の歯と同じ感覚で生活することができますインプラント治療は、歯の失い方が、1本であっても、2、3本であっても、あるいは全部なくなっても、治療は行うことができます。ですが、失った歯を取り戻す治療ではなく、残った健康な歯を失わないために治療をおこなうというのが主流になりつつあります。そのため、1本でも抜けたら、早期に歯医者や歯科技工所で治療をおこなうことで、骨の吸収も抑えられ、健康な歯を守ることができますし、弱っている天然の歯の後ろに埋め込むと自然治癒力で、元気で健康な歯に回復できるという性質ももっています。インプラントについては、危険であるとかよくない話を耳にすることもありますが、餅は餅屋というように、素材や技術は確実に進歩していますので、専門医のいる歯医者や歯科技工所を選び、処置後のケアを怠らなければ、危険なことはありません。現在の治療では、足りない骨を補い歯根を埋め込めるようなこともできますし、歯肉を足すこともできます。また、人口の歯も全く違和感がなく、レントゲンをとってはじめて処置されたことがわかるぐらいのところまできていますので、歯、本来の機能を取り戻し、見た目も美しくなるため、生活の質を高めることが可能になります。

ホワイトニングが人気です

先生

専用の医院でホワイトニングを受けておくことによって、白くキレイな歯に変わっていくことが出来ます。自宅でもケアを行なえるので、気軽に利用できる方法として注目を集めています。

詳細を確認する

治療内容はどういうものか

案内

審美歯科で治療を受けておくことによって、歯並びや歯のトーンを整えられます。また、歯医者がどうしても苦手という人のためにも無痛治療を取り入れている所もあるので、安心して受けられます。

詳細を確認する